blog

びわ湖漁師 中村清作 新聞コラム第9話 2014年11月26日掲載

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

超一級品 親父の手作り網
 
船を走らせると湖上はもう冬。僕の船にはキャビンがないので寒いのなんのって……。いよいよ小鮎漁の始まりがちかづき漁師たちはそわそわしてます。さてきょうは網の話を少し。
 
北風がよく吹くこの季節、漁に出られないときは網の掃除や修理をします。僕とオカンは網掃除、親父はひたすら部屋にこもって網を仕立てます。漁法や魚の種類・大きさによって本当にたくさんの種類の網が必要で、うちは網用に倉庫を3カ所も借りています。
 
おじいちゃんが使っていた網も修理してまだ使っています。ひどく傷んだり、違うサイズが必要になったたりした時は親父が作ります。網の真ん中のふわふわの部分に、上のロープと重りが入った下のロープをコツコツ縫いあわせます。
 
急ぐ時は網屋に作り方を指定して仕上げてもらうこともできるのですが、網屋がミシンで縫った網は、親父が自分の手で何日もかけて作った網と比べると魚のかかりが全然違います。ふわふわ部分は既製品で同じなのですが、上下のロープを縫い合わせるのに手と機械ではほんのわずかな違いがあり、そのほんのわずかな違いで網目がきれいなひし形にならず魚がかかりません。漁師によっても作り方や糸の太さ、種類が違い、魚のかかりが全然違います。
 
おじいちゃんから受け継いだ技と、毎日琵琶湖に出て感じるコトや変化を少しずつ反映させてできた親父特製の網。超一級品です。たまぁに引っ掛けて破れたりすると、やってもうた!っと冷や汗が出ます(笑)
  
文 / 中村清作
写真 / オザキマサキ
 

びわ湖漁師 中村清作 新聞コラム第8話 2014年11月5日掲載


 
魚から学ぶ地域の魅力

コチコチプロジェクトが始まりました。湖地考知と書きます。農家、漁師、料理人……、生産者が地域の魅力を発掘し発信する活動です。第一弾として先日、田んぼの生き物調査と琵琶湖での地引網体験をしました。参加した親子は80人。お昼にはとった魚を味わいます。

まず田んぼへ。ちびっ子たちは虫取り網を手に田んぼの水路に並んで、水中に目を凝らします。今回はスナヤツメやカネヒラなど20種類の魚や虫が捕れました。次は、お昼ご飯を捕まえに琵琶湖へ。浜では滋賀各地からの漁師仲間が迎えてくれました。地引網をやりますよ~って説明するそばで、ちびっ子たちはさっそく石ころ投げ大会。魚が逃げても知らないぞぉと思いつつ、ほほえましくて、やめましょうとも言えず……(笑)。

沖合150㍍まで船で出て、地引網を仕掛け皆で力を合わせてロープを引く。網が近づくとソワソワ。網に入っている魚に大興奮! 恐る恐るちょんちょん触る子、小さな手で魚をわしづかみにし、やったぜ!と親に見せるワイルドな子。ウグイ、ヒガイ、ブラックバス……捕れた魚は種類ごとに分け、空揚げにして食べました。本当に美味しかった。たくさんの方の協力でこどもの笑顔あふれる一日となりました。

魚離れと言われますが、触れ合う機会がないのに魚に興味がわくはずがないんです。大きくなった時、あの日琵琶湖の魚を食べた、素手で触ったという経験が必ずどこかで生きる。今回携わった僕も農家も料理人も、そこで生きているからこそ伝えられる、心からの言葉や思いがあると思うんです。

文 / 中村清作
写真 / オザキマサキ

びわ湖漁師 中村清作 新聞コラム第7話 2014年10月15日掲載


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

オフシーズンは網の修理

10月の琵琶湖は小鮎もビワマスも禁漁期。少しのんびりした季節です。小鮎が解禁になると、漁師はバタバタと忙しくなるのでちょっくら充電中。でも、ワカサギ・エビ・シジミなどが毎日琵琶湖から水揚げされているので、お店で見かけた時はぜひ食べてください。「売れる=必要とされる」。漁師にも魚屋さんにもすごく大切なことです。

海とちがってかなり狭い範囲で取引される琵琶湖の魚は、消費者からの声が漁師にダイレクトに伝わります。「お店でよく売れてる」「あまり売れない」。僕たち漁師はみなさんの声(選択)を聞き耳をたててしっかりと聞いています!

さて、琵琶湖にたくさんの黒いポールが立っているのをご存じですか?
よく「養殖用?」と聞かれますが、あれは「エリ」と言いまして、魚をとるための小型定置網漁のひとつです。空から見ると矢印の形です。魚は何かにぶつかるとそれに沿って移動する、その習性を利用し、袋小路に誘います。棒の間に網がはってあり、逃げることができません。小鮎・鰻・エビ・モロコ、このへんを泳いでる魚はなんでもかかってこい!の琵琶湖漁業を代表する万能君です。

エリ漁師さんはオフシーズンの今、何をしているのか?エリを三つ持つ先輩のところへ行くと、破れたり穴が開いたりした網の修理中でした。たったひとりで長さ延べ数㎞もの網を針一本で直す。いつもは湖上でバリバリの兄貴のゴツイ手が、いま陸上ですばやく繊細に網をつくろっている。その網が今年もまた琵琶湖に入ります。

文 / 中村清作
写真 / オザキマサキ

びわ湖漁師 中村清作 新聞コラム第6話 2014年9月17日掲載

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  

 
 
 
 
 
 
 
 

琵琶湖の至宝 色づく秋

急に朝晩は肌寒いくらいになりましたね! 寒がりのおいらは早々と毛布にくるまって寝ています。琵琶湖の魚たちも水温や日照時間の変化を受け取ってすっかり秋モードです。

今回は琵琶湖の宝ビワマスについて。

世界中でここにしかいないサケのような魚です。川で生まれ、湖に下り、回遊しながら数年かけて大きくなり、生まれた川に戻り産卵して命を終えます。深い所を回遊し、昔の漁具ではなかなか捕まらなかったので幻の魚と言われていたようです。漁網や魚探知機が発達した今でもビワマスの刺し網は縦5㍍、横幅35㍍もあります。大きいものは60㌢を超え、重さは4㌔にもなります。
旬は初夏。秋、産卵期が近づいてくるとオスは体が黒っぽくなり、鼻が曲がって攻撃的で強そうな顔に。メスはふんわりした体、つぶらな瞳の優しい顔になります。子を思う父は強く、子を思う母は優しい。

淡水魚をあまり良く思わない方は「なんだマスか」と言われます。でも、ビワマスもニジマスも刺し身は本当においしい。なんでサケはよくてマスはあかんのか……と思います。そもそもサケとマスの違いについて、生物学的な定義ってあるのかな? よくお刺し身で売っている「サーモントラウト」。日本語に直すと「サケマス」です。なんだそりゃ!

ぜひ、天然ビワマスの刺し身を食べて下さい! サーモンと違いコテコテの脂ではなく、濃厚なうまみがある。本当にオススメの一品です。

文 / 中村清作
写真 / オザキマサキ

びわ湖漁師 中村清作 新聞コラム第5話 2014年8月13日掲載

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

漁法で変わる小鮎の味

琵琶湖を代表する魚といえば小鮎。川とはえさが違うため大きくなりません。小さいまま川へ上がり産卵し、死んでしまう。そのため「年魚」とも呼びます。スーパーなど店頭に並ぶ小鮎のラベルに「小鮎(小糸漁)」「小鮎(えり漁)」「小鮎(すくい漁)」と書かれているのを見たことがありませんか?なぜ漁法まで書くか?同じ琵琶湖産でも漁法で味や特徴が変わるんです。

小糸漁は刺し網での漁。魚に網に引っかかっていた傷があり、背の色は少し茶色っぽい。柔らかく苦みが少ないです。えり漁は湖の仕掛けに魚を追い込みます。少し固めに綺麗に炊き上がるので、かっこ良い佃煮の進物ができます。背は真っ黒で魚がシャキーン!としてます。すくい漁の魚は、見た目はえり漁に似ていますが、佃煮にするとすごい脂が出る。

柔らかくあまり苦くない小鮎が欲しければ小糸漁を。綺麗に炊きたい時やほろ苦いのが好きな方はえり漁を。少しくらいほろ苦くてもよく、すぐ炊く人はすくい漁を選ぶと良いと思います。
僕の家は小糸漁専門。背が黒くないので鮮度が悪いと誤解されますが、夜中に網を上げると魚はまだ生きています。でも、えり漁の小鮎よりはデリケート。なるべく早く買い早く炊いてください。

僕の捕った小鮎には長浜市の淡水魚店で出会えます。店頭には毎日、漁法やサイズの違う小鮎が数種類並びます。この時期は僕も配達ついでにお手伝いしています。ぜひとれたて湖魚と中村を見に来て下さい!

文 / 中村清作
写真 / オザキマサキ

びわ湖漁師 中村清作 新聞コラム第4話 2014年7月16日掲載


 
闇に小鮎の群れを追う

今年も琵琶湖の小鮎が少ない!!
毎日必死で小鮎を追いかけ、気づくと7月。小鮎漁はそろそろ終盤戦です。うちの家は小鮎で1年の生計を立てていると言っても過言でないほど、琵琶湖の漁師にとって小鮎は重要です。僕はいつも昼間にウロウロしたり、洗車したりしてます。たぶん「自称漁師のニート」だと思われてるので、少しだけ言い訳をしたいと思います(笑)。僕はこの時期は夜中に漁に出ています!なんで夜中か?朝、魚屋さんでとれたての鮎を買っていただくためです。

23時ごろに船を出し、真っ暗な琵琶湖をウロウロ魚群探知機をかけ小鮎の群れを探します。探知機がピピピピッと赤くなったらチャンス到来!!その小鮎たちが泳いでいる深さにあわせて網を落としていきます。琵琶湖の中に大きな網のカーテンを仕掛けるようなイメージです。泳いできた鮎の群れは、その大きなカーテンに無数に刺さります!だから刺し網漁と言うんですねぇ。泳いでいる場所や深さは毎日変わるので、毎日小鮎と僕の追いかけっこ。あまり早く網を入れると魚が早く弱ってしまうので網を入れ始めるのは午前0時過ぎてからです。朝6時頃には出荷の準備。毎日リセット、数時間の勝負です。

夜中の漁。船のライトを消すと空は暗い青。月明かりで竹生島がぽっかり、空と黒い琵琶湖の間に浮かび上がる。満月の夜は小鮎が網にかかりません。明るくて網が見えてるんじゃないかな?って思ってしまうくらいに満月の夜の琵琶湖は静かで明るいのです。

文 / 中村清作
写真 / オザキマサキ

びわ湖漁師 中村清作 新聞コラム第3話 2014年5月28日掲載


 
 
 
 
 
 
 
  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

  
 

魚のオアシスこっちだよ

僕は小さい頃、農家が好きではありませんでした(おいら馬鹿正直)。田んぼは泥で濁った水を湖にジャージャー流す悪い所って思い込んでいました。でも、漁業を始めて、湖の魚が田んぼにすっごい助けられていることを知りました。田んぼに数匹のふなを放すと1万匹以上の稚魚が産まれ、微生物や虫を食べ、一定の大きさになると湖へ戻る。田んぼは、産卵寸前の魚達が流れの速い川を懸命に上がり、やっとの思いでたどり着くオアシス。子どもを育てる最高の環境なんです。

な・の・に!今は魚が自力で田んぼに入れない! 圃場整備で自然が自然ではなくなり、水路と田んぼにできた高低差で魚がヒョイッと入れなくなった。もう一度魚が安心して生まれる田んぼにと、自力で木で魚道をつくってがんばっている「たかしま有機農法研究会」の梅村泰彦さんの田んぼへ行きました。

うちのふなずしは、ふなやナマズが泳ぎ回る梅村さんの田んぼでとれるお米で漬けます。「田で生まれ育ち湖にかえったふなが、田で育った米とまた一緒になる」、そんなコラボふなずしなんです。梅村さんは、除草剤を使わずほぼ毎日草刈りに出ていてムキムキマッチョ。「雨が降って田んぼの水が出るとここを魚があがってくるねんなぁ」と教わりながら、傷んだ魚道をとりかえ、新しい魚道を固定する杭を二人で打ちました。そりゃあ濁水は流れないのが一番よい。でも、雨が降ったら水は流れる。その水を待ってました!とお腹にたくさんの生命を抱えながら必死で上がる魚たち。「こっちだよ」と温かく迎えてくれる農家さんたちに、心から感謝したい。

文 / 中村清作
写真 / オザキマサキ

びわ湖漁師 中村清作 新聞コラム第2話 2014年4月23日掲載


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うちのふなずし 天然の味

ぼくの住む海津大崎では、桜の開花と同時に霰が降る少し寒い春の訪れとなりました。春といえば桜ですが、漁師中村の春はふなずしです。ふなずしは一般的にはお正月のごちそう。発酵がよく進む土用に漬け、お正月前に新物ができあがります。でも、うちは1~8月コアユ漁に全力を注ぐため漬けるのが遅れ、できあがりは3月です。厳密に言うと、親父が「できた!」と言わないだけかもしれませんが…(笑)

ふなずしといえばニゴロブナ。ずーっと沖合に出て、水深50㍍くらいの琵琶湖の底に網を入れて捕ります。2~3日後にあげると、網に刺さったニゴロはまだピチピチ生きてます!でも実は、ふなずしは僕たちがヒワラと呼ぶギンブナでも美味しくできます。うちで食べるためのふなずしの桶にはニゴロとヒワラがごちゃ混ぜで入ってます。どれも美味しくて、ヨダレが……。おっと。

うちの作り方は良い意味で適当です。お米に漬けた後は、重しをし、水を張ったらビニールをかぶせて外に放置!ひたすら放置!触らない!無視!自然の力で勝手にできあがります。自然って偉大です。昔はどこの家の軒先にもふなずしの桶があったと聞くので、これが当たり前の姿なんだと思います。そして僕がたったひとつ言いたいのは「自分で作ったふなずしを自分で桶から出す。その一匹が本当においしい」ってこと。今年は天然ニゴロブナが豊漁です。ご自宅でマイふなずしに挑戦してみてはいかがでしょうか?

文 / 中村清作
写真 / オザキマサキ

びわ湖漁師 中村清作 新聞コラム第1話 2014年4月2日掲載


 
” 湖の今 ”  僕の言葉で

琵琶湖で漁師してます中村です。えっ 琵琶湖に漁師がいるん?って思ったそこのあなた! 減ってしまいましたが、それでも800人以上が毎日漁をしています。琵琶湖に50種の魚がいて、今も毎日あちこちの港でたくさん水揚げされている。でも悲しいかな、なかなか食卓まで届かない…。

僕は、地元の学校を出て地元の工場に2年勤めました。太陽が当たる頃に出勤し、蛍光灯の下で黙々働き、夜暗くなって帰る。寝て起きてまた出勤。おひさまのない生活。この仕事が悪いとはちっとも思いません。ただ、もっと面白い生き方がしたかった。思い出したのが、親父が夕陽とともに船で漁港に帰ってきて捕れたてのコアユを軽トラにドンドン積み込む姿。小さかった僕は助手席にチョイっと乗り込み、佃煮屋さんにコアユを配るのを手伝った。あの頃の記憶。あぁ漁師してみよっかな……。

それから親父の船に乗りました。今は、いろんな仲間と情報交換をし、その日の風向き、潮の流れ、ここ数日の天気や気温、狙う魚の行動パターン、魚群探知機の反応、いろんな事を考えて網を入れます。が、親父の経験と勘にはまだ勝てません!(笑)今に見とれよ……と闘志を燃やしながら気つけばもう8年。歳になりました。これから1年、湖の目線で、僕の言葉で、琵琶湖の「当たり前」を発信していきます!

文 / 中村清作
写真 / オザキマサキ